肌荒れ対策のクレンジング

ひどい肌荒れお悩み情報センター

クレンジング選びの注意点と使う際のポイント

クレンジングというと化粧などに比べると肌への負担が少なそうで、基本的にはどんなものでもよさそうにも思えますよね。しかし実は、クレンジングは肌荒れを引き起こす大きな原因となりうるのです。

肌に負担をかけるクレンジングは?

最も肌に負担をかけるクレンジングはオイルクレンジングです。クレンジングオイルは落ちにくいウォータープルーフのマスカラなども簡単に落とすことができるので、使用している人も多いでしょう。



しかし、クレンジングオイルは、化粧を落とすとともに、肌に必要な脂分まで落としてしまうという欠点があります。

肌の皮脂が落とされると肌は乾燥します。その分を補おうと顔に多くの油が出てきます。この油が原因で、ニキビや吹き出物ができてしまうのです。

ニキビが多いことを理由に自分がオイリー肌だと考えていても、もしかしたらオイルクレンジングの使用を控えることでニキビが減るかもしれませんよ。

また拭き取りシートもクレンジングオイル同様肌荒れを引き起こしがちです。拭き取りシートはカビを防ぐために、防カビ剤、防腐剤、強いアルコールが含まれています。

この三つの成分は特に肌荒れを引き起こしやすいので、拭き取りシートを毎日使用することは避けましょう。

肌に負担の少ないクレンジングは?

逆に肌への負担が小さいのはクリームを使ったクレンジングです。ただし、クリームでは落ちにくい部分(ウォータープルーフのマスカラなど)は、事前にクレンジングオイルやコットンなどで落としてから、クリームで全体を洗うとよいでしょう。

メイクが軽い場合は、乳液や水性ジェルのものでクレンジングを行うといいですね。

どんなクレンジングを使うにしても、短時間で済ませることが肌の負担の軽減につながります。そのためには、クレンジングを惜しまず、多めに使うようにしましょう。