肌荒れの状況別の原因と対策法について

ひどい肌荒れお悩み情報センター

生理前の肌荒れの原因と対策法

女性特有の悩みのひとつに生理がありますが、その生理前に肌荒れが起こってしまう人も多いでしょう。

生理前の肌荒れの原因

生理前の肌荒れの原因はホルモンの分泌量が増え、肌がオイリーなものになってしまうことです。



このホルモンというのは黄体ホルモン、つまり女性ホルモンのひとつで、生理前には特に黄体ホルモンの分泌量が増えてしまいます。そのため、肌が普段より弱くなってしまっている状態なのです。

具体的には、顔の脂分が増えるため、吹き出物やにきびが普段より出やすくなっています。肌は弱っているので紫外線がしみやすいためそばかすもできやすいです。また、顔や腕、足がむくんでしまうこともあります。

生理前の肌荒れを防ぐために

対策としてはまず、普段の生活を整える事が大切です。毎日決まった時間に十分な睡眠をとることを心がけましょう。

食事には緑黄色野菜を多く取り入れ、なるべく栄養バランスのとれた食事を一日三食食べることが大切です。またウォーキングなど、体の負担にならない程度の軽い運動も効果的です。運動は自律神経を安定させるため、生理のストレスに対する抵抗力を養います。

生活習慣の他に、肌への刺激を最小限にすることも肌荒れの対策の一つです。生理前はオイリー肌なので、脂の多いクリームや乳液を控え、保湿効果の高い美容液を使うようにしましょう。

外出時にはしみができやすいため、特に顔の紫外線予防をおこないます。朝と夜の二度にしっかり洗顔を行い、脂取り紙などで顔の脂分が多くなり過ぎないようにしましょう。ただし、洗顔が大切といっても過剰に行うと逆に乾燥肌になってしまうので、注意しましょう。

生理前の肌には新しい化粧品やエステも、肌荒れの原因になってしまいます。また、髪のブリーチ、染色も肌への負担が大きくなるので、生理前を避けて行うようにしましょう。

季節の変わり目の肌荒れの原因と対策方法

季節の変わり目に肌が荒れる原因

季節の変わり目というのは、何かと肌も荒れがちですよね。季節の変わり目における肌荒れの最たる原因は寒暖差です。

急激な気温差は人間の肌にストレスを与えます。特に春から夏、夏から秋には朝と夜の寒暖差が広く、肌荒れを起こしやすい時期になっています。



このような気温の変化は肌の皮脂と水分のバランスを変動させ、自律神経も乱れます。このため、イライラや不安感が心に現れ、そのことが肌荒れを一層悪化させてしまいます。

一番肌荒れが起こりやすい季節は三月から四月という統計がありますが、これは環境の変化による心的ストレスも関係しているのでしょう。季節の変わり目の肌には花粉などの飛沫物も刺激となります。

季節の変わり目の肌荒れ対策

季節の変わり目の気温差については防ぎようがありませんが、肌荒れを悪化させないための対策は大切です。

例えば、肌荒れを起こしやすい人は、気温差が大きくなる前に基礎化粧品を肌への負担が小さいものに変えてみましょう。化粧品はひとつのものに限定する必要はなく、季節の変わり目専用のものを用意している人もいます。

また、この時期は肌が非常に敏感になっているので、化粧水などの水分を多く含むものは顔にしみます。普段から敏感肌の方は特に、この時期の化粧水の使用は極力避けましょう。

そのかわりに、ワセリンといった保湿クリームを塗るといいでしょう。スクラブ系の洗顔料、シャンプーは肌に刺激を与えてしまいます。

当然睡眠はしっかり取りましょう。肌というのは寝ている間に修復されます。普段あまり睡眠時間が取れないという人も、季節の変わり目には質の良い睡眠をとれるよう工夫することが大切です。

食事は、肌の新陳代謝を活性化させ、皮膚の粘膜を保つビタミンAの摂取を心がけましょう。ビタミンAの食材は鶏肉、豚肉、うなぎ、にんじん、バジル、チーズ、たまごがあります。